2018年12月13日木曜日

宮沢賢治のコーナーは


 
 
日本語の授業の《小説を読む―ことばと創造》というテーマで、中1『オツペルと象』中3『よだかの星』高2『なめとこ山の熊』の作品をテキストとしています。宮沢賢治のコーナーは、いつまでも・・・です。

そう言えば、日本語科の高1選択演劇講座の1月修了公演は、同じく賢治の『セロ弾きのゴーシュ』を原作とする「窓際のセロ弾きのゴーシュ」という戯曲の上演です。

2018年12月12日水曜日

精神科医・香山リカさんの講演


今年の自由の森学園公開研の教育講演会は精神科医・香山リカ(立教大学教授)さんの「 自分らしさ 」ってなんだろう?でした。講演テープの活字起こしがあがってきました。1月下旬、図書館発行の『VOICE④』に掲載します。お楽しみに!

2018年12月5日水曜日

落ち葉のずかん


 
元理科教員の安田 守さんが新刊を送ってくださいました。『ひろって調べる 落ち葉のずかん』(安田 守 写真・文、中川重年 監修、岩崎書店)です。

素晴らしい図鑑です。何回も何回もページをめくっては多くの発見を楽しめます。安田さんが野山や公園で拾い集めた身近な260種の落ち葉について詳しく紹介し、「落ち葉が落ちる」から「落ち葉と生きる」までの解説編“落ち葉を知る”も楽しいです。私たちの足元がとっても豊かなもので充ちているのに気づかされます。

安田さんは、現在、長野県を拠点に、身近な里山の昆虫など広く生物を撮影しています。